• トップ /
  • 予防歯科を行うポイント

予防歯科のポイント

予防歯科を行うポイント

歯を守るための歯科医院

歯科医院は、虫歯などを治療するところだという認識が一般的です。しかし、虫歯や歯周病など、お口の中の病気は一度なってしまうと自然に治ることはなく、進行してしまいます。そのため、痛くなってから受診するのでは歯を守ることは出来ません。そこで、予防歯科が注目を集めています。痛みなどの症状がなくても、定期的に受診することで虫歯や歯周病を予防するという点がポイントです。虫歯はもちろん、歯茎の腫れなどもチェックするので、歯周病の予防にも効果的です。痛みがなくても受診すると言うのがポイントです。歯科医院を受診する目安として、大人であれば半年に1度、子供は虫歯になりやすいので3~4カ月に1度が受診の目安になります。毎日の歯磨きで磨き残してしまう場所などを教えてもらう、歯磨き指導も行われます。子供の場合には、歯を強くするフッ素塗布などが予防のポイントとして行われます。歯磨き粉などにもフッ素は入っていますが、歯科医院で使うものは濃度が高く、家庭では扱うことができません。歯磨きで汚れを取り除き、フッ素塗布で歯を強くすることで、虫歯と歯周病を予防して、健康なお口の状態を維持することができます。歯科医院も治療でなければ痛む心配はありません。

バックナンバー

↑PAGE TOP